<< しょうもない日記

岡山・大阪歴史を感じるツアー+劇団四季ミュージカル「アイーダ」

2004年7月17日〜7月19日で岡山・大阪へ行ってきました。

宿泊:ホテルエクセル岡山(2泊)


岡山駅前の桃太郎像。キジ、サル、イヌもちゃんといます。
2004/7/17から19にかけて岡山・大阪に行ってきました。
今回の旅行は、私の故郷でもある岡山に帰り、久々に親の顔を見る、そして備前焼の体験を行い日本三名園のひとつでもある後楽園を見学、ついでの岡山城にも登ってみる。
そして帰りに大阪により劇団四季ミュージカル「アイーダ」を観賞、劇場近くにある大阪城もついでに見学、帰りに大阪名物お好み焼きを食し帰京する。
ってな感じです。

2004/7/17昼。羽田空港からANAに乗り込み約1時間20分のフライトで岡山へ。
岡山空港からはバスに乗り込み岡山駅へ移動。
岡山駅からは桃太郎大通りを走っている路面電車に乗り込み城下へ。
城下の交差点の目の前にある今回お世話になるホテルエクセル岡山へチェックインした。
ホテルへチェックインしたのが14時頃。お腹も減っていたのでホテルの1階にあるレストラン「ALOALO」でパスタを食べた。


おかやま備前焼工房の教室
遅めの昼食後、15時からおかやま備前焼工房で手ろくろによる備前焼の土ひねり体験教室の予約を入れていたのでそちらへ向かった。
明治時代の商店を改装して作られた建物内には、備前焼のギャラリーや日本庭園などがあり情緒あり落ち着いた雰囲気。
その建物の奥に教室がありました。

1.5kgの土をもらい、その土でお皿や茶碗など作れるだけ作ってよいとの事でした。
私は、大き目の四角いお皿(作るのが楽そうだったので...)を製作。嫁さんは、サラダボールのようなものとドレッシング入れのようなものを製作。
教室の時間は2時間程、なんとか完成させあとは乾燥させて焼きに入るそうです。
そして手元に届くのは2ヵ月後との事。宅急便で送られてきます。
初めて経験したのですが結構楽しかったです。
2,000円(作品の送料は別)で体験できるの岡山に行く機会がある人は体験してみてはいかがでしょうか?


教室の後ろ側が日本庭園になっています
体験教室終了後、家族との待ち合わせまで少し時間があったので、そのまま表町商店街のアーケード街を歩いてみた。
その途中、人だかりがあったので覗いてみると、山本リンダさんがプロモーション活動の一環かサイン会を行っていた。
しばらく見学。飽きてきたのでそのままアーケード街を抜け、天満屋あたりから岡山駅方面へ向かった。


営業中の山本リンダさん
岡山駅からJR線に乗り隣の高島駅へ移動。そこで兄貴と待ち合わせ。
そのまま近くの料亭(よくある食堂のようなところ)へ。
そこで家族全員合流し食事。その後、居酒屋へ流れ込み飲み会を開始。
ホテルに帰ったのは1時頃だったような気がする。








岡山2目。
午前中に岡山城・後楽園を見学。
豊臣5大老の一人、宇喜多秀家が築城した岡山城は黒い下見板によって城全体が黒っぽく見えることから別名を「烏城」と言われるそうです。
天守閣から眺める、旭川や後楽園が一望でき絶景でした。

岡山城
岡山城内も、駕籠に乗って記念撮影ができたりや、座敷に上がり殿様・姫様気分が味わえるコーナーなどがありました。
岡山城を見学した後、後楽園に向かいました。
後楽園といえば、水戸の偕楽園、金沢の兼六園と並ぶ日本三名園の一つ。
当然のことながら芝の手入れも完璧でとても綺麗な庭園でした。
後楽園内ではタンチョウヅルが飼育されていました。このタンチョウヅルは元旦にはこれらが芝生に放たれるそうです。
後楽園を人通り見たと、時間がお昼頃だったので昼食をとることにしました。
昼食は、私が岡山に帰ってきたら必ず行くようにしている長岡にある北京という中華そばやに行くことにしました。
後楽園から桃太郎大通りまで歩き、そこから宇野バスに乗り長岡で下車。
そこから旧国道2号線沿いに歩いて3分ぐらいです。
北京は、メニューに中華そばとご飯しかない中華そば一筋のラーメン屋です。
私が中学校時代に開店しその当時から学校帰りによく食べに行っていたラーメン屋です。
開店当時は老夫婦が経営していたのですがその後経営者が変わったようです。
しかし、あっさり系ラーメンは昔とそれほど味も変わってなく安心しました。


後楽園。写真の建物では結婚式も行えるそうです。
兄貴の子供たちにおもちゃを買ってあげる約束をしていたので、兄貴と子供たちを呼び出しおもちゃ屋へ向かいおもちゃを買ってあげました。
その後、夕食は自宅で焼肉をやろうと言うことで、肉などを買い自宅へ向かい夕食をとってホテルへ帰りました。





岡山3日目。


上:大阪城
下:天守閣からOBP方面
今日は午前中に新幹線に乗り新大阪に移動。
新大阪からは在来線に乗り継ぎ京橋へ。
大阪ビジネスパーク内にある大阪MBS劇場で行われている劇団四季ミュージカル「アイーダ」を観賞。
観賞後、徒歩で大阪城へ向かう。
さすが大阪城。昨日見学した岡山城よりも敷地は広く、本丸に到着するまでにいくつもの門、階段を昇りやっと辿り着くことができた。
天守閣からも大阪城公園や大阪の街並みを眺めれることができ絶景だった。

大阪城見学後、夕食を取るために地下鉄を乗り継ぎ、地下鉄谷町線谷町6丁目へ移動。
せっかく大阪に来たのだからお好み焼きを食べないわけにはいかない。

○△□(まんだら)焼 冨紗家 本店
と、言うわけで谷町のハイカラホリ通りにある「○△□(まんだら)焼 冨紗家 本店」でお好み焼きを食べました。
ここ冨紗家には芸能人も多く来るらしく、壁には多くの芸能人との写真が貼られていました。
初めて行く人でも何を頼んでよいのか迷わないように冨紗家の定番メニューがコースメニューとしてあるのでそれを頼めば間違いはないはずです。
今回、私たちのその冨紗家の定番メニューのコースを注文しました。
冨紗家の定番メニューの豚もやしセイロ蒸し鍋、とんとん焼、キムチ焼そばを食べました。
とくにとんとん焼が美味しかったです。

冨紗家を後にし、地下鉄でなんばに移動。そこから南海電鉄で関西国際空港へ向かいました。
さすが最終便近くになると関空もガラガラでした。
最終のANAで一路東京・羽田へ。

今回の旅行は、岡山城や後楽園、備前焼体験や大阪城など歴史を感じることのできるツアーだった。
なかなか趣があってよかったのでは?
今度は京都あたりで歴史を感じる旅行もいいかも?
検討してみようと思う。



今回、おかやま備前焼工房で作成した作品です。無事に壊れることもなく送られてきました(^_^)v

左:サラバボール(作:妻)
右:ドレッシング入れ(作:妻)


平皿(作:私) 皿の4辺が波打ってますがこれはデザインです。失敗したわけではありませんので、あしからず...
 
 
 
 
<< しょうもない日記