<< しょうもない日記

名古屋 アイーダ鑑賞と味噌煮込みうどん・ひつまぶしを食べるツアー

2007年7月28日、名古屋で行われているミュージカル・アイーダの鑑賞ついでに、名古屋名物の味噌煮込みうどんとひつまぶしを食べに行って来ました。
 
 

東京駅のホーム
朝、9時3分の新幹線に乗るために一路東京駅へ。
東京駅のキヨスクで、昼に備えて軽めの朝食を購入。


朝食です
嫁さんはおにぎりとゆで卵とお茶。
私は、今朝のテレビの占いコーナーで、本日はサンドウィッチを食べると良いということなのでサンドウィッチと缶コーヒーを購入。

東京から1時間40分で名古屋に到着。
名古屋は昨日梅雨明けし、とても天気が良く暑かったです。

名古屋から地下鉄東山線に乗って栄に向かいました。
名古屋の地下鉄には始めて乗ったが、東京の地下鉄より一回り小さく感じました。
大江戸線 < 名古屋の地下鉄 < 東京の大江戸線以外の地下鉄
といった感じでしょうか。

名古屋から栄まで6,7分程度。
そこから歩いて、味噌煮込みうどんで有名な山本屋総本店へ。
お店までは10分程度だったのですが、お店についたころには汗だらだらでした。


お店に入ると2階に通されました。
2階には先客が1名。その隣の席へ案内されました。
もっと混んでいるものかと思っていたのですが、こんな暑い日に味噌煮込みうどんを食べにくる人は少ないのか、お店の中は比較的空いていました。

私たちは、卵入りの味噌煮込みうどんを注文。

しばらくして、注文した味噌煮込みうどんが運ばれてきた。
蓋を受け皿にし、お好みで一味や七味をかけて食べるらしい。


具材は、うすあげ、ねぎ、卵。


山本屋総本店の卵入り煮込みうどんと店の入り口
食べた感想としては、おいしいとは思うが、少し煮込みすぎなのかしょっぱく感じた。

煮込みうどんなのだから、煮込まれていて当然といわれればそれまでなのだが...

嫁さんも以前一度食べたことがあるようで、以前食べた時は、少しとろみがあったといっていた。

確かに今回食べた、味噌煮込みうどんにはとろみがまったくなかった。

うどんはさっと茹でただけなのか、かなりのコシがあって、ラーメンでも固麺が好きな私には良かったです。

「これが味噌煮込みうどんか...台湾ラーメンにしとけばよかったかな?」などと思いながら店を後にしました。

お店を出た後、猛暑の中、歩いて新名古屋ミュージカル劇場へ移動。

お店からは10〜15分程度。


アイーダが公演されている新名古屋ミュージカル劇場
劇場は、まだ開場していなかったので、周りに休めるお店がないかと探索。

少し歩いたところにスターバックスがあったので、そこで30分時間を潰し、再度、劇場へ向かいました。

新名古屋ミュージカル劇場のキャパシティーは1000名程度。
東京の各劇場より、一回りぐらい小さいようです。

アイーダ鑑賞は、以前大阪に行って以来で2年と5ヶ月ぶりの3回目です。

気合を入れてとった最前列の席に座り、開幕を待ちました。

さすが最前列、アイーダ役の秋さんの左腕にはっきりとハンコ注射の跡も見れるほど、役者さんの細かい表情がはっきり見れ大満足です。

笑いこそはないものの、ストーリー性や、役者さん達の迫力ある歌は、大感動ものです。

アイーダは東京での公演は一度もないので、早く東京へ来てもらいたいです。

劇場から伏見駅へ移動。
伏見駅から東山線で栄に行き、栄で名城線に乗り換え伝馬町まで行きました。
伝馬町から歩くこと5分。
ひつまぶしで有名な、あつた蓬莱軒神宮南門店へ。

薬味とご飯が見えないほどのうなぎ
16時50分頃行ったのですが、既に数組のお客さんの列があり、私たちが並んだ時には、30分待ちとの事でした。

お店の中のトイレの横の椅子に運良く座れ、そこで待つこと30分、2階の座敷へ通されました。

30分待っている間、ひつまぶしにするか特上鰻丼にするか悩んだ挙句、ひつまぶしにすることに。


  ひつまぶしと大瓶ビール1本と枝豆を注文。

今日の名古屋は暑かったのでビールがとてもおいしかったです。

ビールと枝豆がなくなったころにひつまぶしで使う薬味が登場。
薬味は、きざまれたのり、練わさび、きざみねぎの3種類。

1杯目は普通に鰻とご飯だけ

2杯目はネギとのり

3杯目は薬味にだし汁

4杯目はネギとのりでしめました

他に、かつおと昆布の出し汁と漬物がありました。

しばらくしてうなぎが運ばれてきました。

木のおひつの中に、白いご飯が見えない程の大きさのうなぎが乗っていました。
それをマニュアル通り十字に4等分し、1杯目をおわんに盛り最初は、そのまま食べました。

うなぎのたれも程よく甘く、うなぎの焼き加減も最高においしかったです。

2杯目はきざみねぎとのりをのせ食べました。
これもまたねぎとのりが良い感じでとてもおいしかったです。

3杯目は、ねぎとのりをのせ、そこに出し汁を入れお茶漬け状態にしました。
これはこれでおいしいのですが、びちゃびちゃになったご飯があまり好きではないでまぁまぁと言った感じです。

4杯目は2杯目と同様にねぎとのりでいただきました。

30分並んで待ってでも食べて正解でした。
土用の丑の日も近いということもあり、絶妙なタイミングでうなぎが食べれて良かったです。


お店を出たのが18時過ぎ。
お店から熱田神宮を抜けて駅まで行こうと思ったのだが、既に熱田神宮は閉まっており泣く泣く遠回りをして近鉄神宮前駅へ向かった。

名古屋駅に着いたのが18時30分頃。
帰りの新幹線は19時4分発だったので、駅構内のキヨスクでお土産を購入し新幹線ホームへ。

ミュージカルが終了してから、帰りの新幹線まで3時間以上の時間があり、ひつまぶしを食べに行くだけでは時間が余ってしまうと思っていたが、
あつた蓬莱軒で30分待たされたおかげで、ちょうど良い時間で帰れることになった。

帰りの新幹線では、ビールを飲み熟睡。
気づいた時には、新横浜あたりでした。

名古屋は日帰りでも十分に遊んでこれる距離だと実感。
名古屋城など行って見たいところもあるので、また機会があれば遊びに行きたいです。

 

あつた蓬莱軒神宮南門店

 

 
 
<< しょうもない日記